不動産投資情報は【不動産情報】

マンションの種類

マンションと言っても様々なニーズに合わせて物件があります。用途や目的に合わせた物件選びが大切です。

賃貸マンションとは

一般的な賃貸物件は敷金、礼金などを合わせると一年以上そこで過ごさなければ元を取るのが難しいですよね。

元を取るという言い方が正しいかどうかは分かりませんが、とにかく一年以内に引っ越してしまうと費用がかさんでしまい、かといってホテルに滞在するとなると割高になってしまう・・・。その悩みを解消するために中間として生まれた建物が賃貸マンションです。

主に数週間から数ヶ月の滞在を見越しており、契約内容によっては数日単位で貸し出しされているところも有ります。

ウィークリーマンションとは

原則として一週間単位で借りることのできる物件をウィークリーマンションといいます。

一日単位で宿泊が可能な施設が多く、通常のマンションに比べると敷金、礼金などの初期費用がかからないのが特徴で、冷蔵庫やテレビ、洗濯機といった家具家電が備わっていることが多く、入居したその日から通常通りの生活が出来るよう完備されています。

ホテルや旅館に宿泊するよりも安く済む場合があるため、長期旅行や研修、出張などビジネスシーンでよく利用されるのが特徴です。

少し前まで出張の定番といえばビジネスホテルだったのですが、狭くて圧迫感があるのでせめて仕事が終わった後は自分だけの空間でゆっくりしたいという要望を叶えるためウィークリーマンションが誕生しました。

そのため、ビジネスホテルでコンビニ弁当を食べていた生活に比べ、ウィークリーマンションにはキッチンなどの設備も整っているため自炊することができ、健康的な生活を送ることが可能になりました。

2、3日の短期滞在ならビジネスホテルが向いているのかも知れませんが、ゆとりのある空間で自分の生活スタイルを守りたいのであれば、家具家電がある程度揃っているウィークリーマンションがお勧めです。

ビジネスシーンならずともリフォーム期間の仮住まいとして利用したり、受験シーズンや部屋を移り住む際の仮住居など用途は様々です。

マンスリーマンションとは

借りたいときに借りたい期間、数ヶ月や数年単位で借りられる便利な施設がマンスリーマンションです。

ウィークリー同様敷金、礼金、仲介手数料がかからないのが特徴ですが、地域によっては保証金と題して家賃の何倍もの費用を請求される場合があるので事前に確認が必要です。

出張や単身赴任ならホテルに滞在するよりはマンスリーマンションを賃貸したほうが安上がりといえるでしょう。

構造は基本的にはウィークリーマンションと似ているためある程度の必要雑貨や家電製品が揃っていることが多く、入居したその日から不便なく生活する事が出来ます。

また、面倒な電気、ガス、水道の契約やマンスリーマンションを受け持つ不動産業者が全て行ってくれるので、時間の短縮にもなります。かばん一つで速入居できるのは大変魅力的です。

2015/2/27 更新

Copyright © 2009 Mansion guide. All Rights Reserved.